calico1978’s diary

子育て日記

木製レール推し

うちにはブリオのレールセットがある。

元々、出産祝いでいただいたもので 

「おお、スウェーデンのおもちゃだって!」

と舞い上がった(私が)

さらに、クリスマス限定レールセットを買ってしまった。大きな箱に入っていたので、全部そこにしまう。片付けやすくて、気に入っている。

 

それから、車両をプレゼントでもらったり、レールをちょこちょこ買い足したりして、今のところ、買う頻度はそうでもないが、それなりに長く遊んでいるもののひとつと言える。

 

 先日、ママたちで話をしてる中で、「そろそろレールのおもちゃを買おうかと…」と言ってるひとりに、いきなり「ブリオいいよ!」と身を乗り出して、熱く語ろうとしてしまった。

 

キモい。

 

思いとどまった自分を自分で褒めてあげたいし、実際そうした。心の中で。

 

生活圏のリアル店舗で買えるのが、プラレールか、木製トーマス、あとはトイザらス

実物を見て買えないのは、やはり不利である(私は一体なにと戦っているのか)。

 

やはりママたちの中ではプラレール推しが多かった。プラレールの沼は、それなり深いらしく

「子供より旦那がハマって買いたがる」

「専用の部屋を作った」などの意見もあった。

 

確かにプラレールは安価だし、パーツも色々あって拡張性も高い。

初心者向けレールセットは、ブリオの坂レールに500円足せば買える。車両も、新幹線から電車までたくさん。トーマスもある。

 

しかし、それでも私は、あえて木製レールを、ブリオを、お勧めしたい。

なんといってもめったなことでは割れないし、なめても木だからね!

万一、子供がペンで落書きしても消えないけど、いつしかそれがいい思い出になると信じている(と自分に言い聞かせる経験者)。

 

それに木製レール同士の互換性もあると聞く。車両はマグネットで連結が簡単。同シリーズの車もつながる。うちの子はたまにとても長い貨物列車を作っていたりする。「ママ、やって」がないのはとても楽だ。

 

おもちゃ屋にあまり置いてないので、出かけた先で「買って!」攻撃をされることもない。

 

プラレールも走れます。

 

ああ、これで推したらきっと…

 

 

 

 

やっぱキモい。