calico1978’s diary

子育て日記

トミカ ぶるぶるガソリンスタンド

夫と子どもは、しばしば、YouTubeのおもちゃ紹介を好んで見ているようだ。

そこで見たものを「欲しい」と言い出すようになってきた。

 

そのひとつが、「ガソリンスタンド」である。

うちの子は車が好きだ。ガソリンスタンドも大好きだ。

こどもの日のプレゼントとして買うことにした。

 

 

 実は「ガソリンスタンド」は2つある。

ぶるぶるするやつと、しないやつ。

買いに行ったら、ぶるぶるの方は店頭になかった。だから、結局、アマゾンで買った。

 

組み立てというほどの組み立ても必要なく、電源をオフにしなくても、いつのまにか切れてるので楽である。

 

f:id:calico1978:20170818183354j:image

f:id:calico1978:20170818183358j:image

給油ノズルが本体とつながっていて、レバーをひくと「ゴゴゴゴゴゴ」とガソリンが流れる(と言っていいのか)音がして、振動する。

 

同時にデジタルの数字が増えてって、レバーを離すと「ガソリン満タン、入りました」と声が出る。

 

ボタンが四ヶ所あって、そこを押すと「タイヤ交換入りました!」「いらっしゃいませ」などと店員さんの声が出る。

若い男の人、女の人、年配の男の人、宇宙人ぽい人(?)の4パターン。

ルーレット的な遊びもできる。スタンドの油種の選択のボタンを押すと、なにやらサンバの音と共に数字が動き、「ゴール!」と言ったりする。

 

子どもひとりで夢中になって遊んでいる。

店員さんの「いらっしゃいませー」を覚えてしまった。あの、アクセントが独特の。