calico1978’s diary

子育て日記

子ども用包丁

買ってよかったものの話。

 

子どもが2歳半頃だったか、夕飯を作っていると、自分も自分もと、手伝いをしたがるようになった。

はじめはボウルにきのこを入れたのを渡して、

「ばらばらしてね」、あるいはキャベツやレタスの葉を一枚「ちぎちぎしてね」

でごまかしてきたのだが、

 

もっと違うのがやりたい、トントン(包丁で切る)やりたい、 と言いだした。

 

さすがにそれは危ない…ダメだと言えば泣く。

早くご飯作んなきゃいけないのにーとイライラ。

 

後日、支援センターでママ友にこの話をしたら

「子ども専用の包丁買えばいいよ!」と

教えてもらった。

ヤクセル こども安全包丁 カーズ S4 33052

ザ・文明の利器。

トイザらスで購入。

まな板は100均で。

 

刃がギザギザしていて、手が切れない。

ハムやスライスチーズなら、子どもの力でも切れる。

 

主に味噌汁に入れる豆腐(の一部)や

ハムを「切ってくれない?」と

頼んで渡すと、子は喜んで切ってくれる。 

豆腐は原型をとどめてない時の方が多いが、そのあたりは眼をつぶっている。

 

夕飯の時に食べながら、切ったものを見つけてこれは自分が作ったのだと、家族に自慢するようになった。みんなニコニコしてほめるから、ますます手伝いをするようになり、私は夕飯を作ってる間に子どもを持て余すこともなくなり、イライラも解消された。

 

ありがとう、子供用包丁。

ありがとう、教えてくれたママ友。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする