calico1978’s diary

子育て日記

トーマス、病院に入院する

うちの子はトーマスのお話が好きだ。

いちばん好きなのはジェームスらしい。内面は見てないのだな。たまに口調を真似している。

甥っ子はパーシーが好きだった。

「パーチー、パーチー」と言ってて、かわいかった。

 

子どもの日だかお盆だったか忘れたが、実家に帰った時、うちの両親が音が出るトーマスのおもちゃをくれた。あの主題歌が流れると、子どもは大喜び。

ところが、家に連れて帰って2日もたたないうちに、音が出なくなった。

「どうしたことだろう」

初期不良かな?

子どもも「トーマスの歌しないね」

と言い出した。

買った店は今住んでる場所から遠い上、日にちが経ってるから、さすがに交換は無理だろう。保証書や取扱説明書もない。

メーカーに問い合わせしても直してもらえるのかなあ。

 

と、たまたま出かけた支援センターで、張り紙を見つけた。

「おもちゃ病院」。

月一回、おもちゃのお医者さんが来て、診察してくれるという。治療が必要なら、入院して手術。部品代など費用がかかる場合は連絡して相談の上、実費のみ請求 …というボランティアらしい。

 

おもちゃ病院が開催されるその日、トーマスを連れてった。やはり入院が必要とのこと。

そして入院して帰って来たトーマスは、元気に音が出るようになっていた。

よかった、よかった。

 

トーマス、病院に入院する、というお話でした。