読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

calico1978’s diary

子育て日記

うちの子が好きな絵本 その2

買った 絵本 雑談

 引き続き、うちの子が好きで何度も読んだ(読んでいる)絵本をあげていく。

 

ぽぽんぴ ぽんぽん (0.1.2.えほん)

ぽぽんぴ ぽんぽん (0.1.2.えほん)

 

 ぽぽんぴぽんぽん、というなんとも不思議な言葉にハマったようだ。

 

 

わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)

わにわにのおふろ (幼児絵本シリーズ)

 

 

何度も読んでると、強面のわにわにがかわいく見えてくる不思議。わにわにシリーズはどれも面白く、子どもへの影響力大。

 

 

あかたろうの1・2・3の3・4・5 (おにのこあかたろうのほん 1)

あかたろうの1・2・3の3・4・5 (おにのこあかたろうのほん 1)

 

 電話がダイヤル式なのが時代を感じさせる。私より年上だ、この絵本。長い話だが、最後まで子どもをひきつけて離さず。


 

 

かばくん (こどものとも絵本)

かばくん (こどものとも絵本)

 

 うちの子がいちばん好きな動物は、カバ。なので読み始めると食い入るように絵に見入っている。

 

 

 

おやすみなさいコッコさん (幼児絵本シリーズ)

おやすみなさいコッコさん (幼児絵本シリーズ)

 
コッコさんのおみせ (福音館の幼児絵本)

コッコさんのおみせ (福音館の幼児絵本)

 

 どちらかを読んだら、必ずもう1冊も読むはめになる、コッコさんシリーズ。

「おやすみなさい」は、繰り返しのフレーズが多くて、覚えてて自分でも読んだりする。夜の景色の青色が美しくて、私の気持ちもゆったりしてくる。

「おみせ」の方は、ごっこ遊びをするようになってから、とても魅力的に感じるようだ。コッコさんの家族も出てくる。

 

 

おやすみ、はたらくくるまたち

おやすみ、はたらくくるまたち

  • 作者: シェリー・ダスキーリンカー,トム・リヒテンヘルド,福本友美子
  • 出版社/メーカー: ひさかたチャイルド
  • 発売日: 2012/09/07
  • メディア: ハードカバー
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 某必ず子どもが寝る絵本が話題になった頃、図書館で見つけた。うちの子の大好きな工事車両がたくさん出てくる。1日の仕事を終えて眠りにつくお話。貸出期間中毎晩読んでいたので、結局購入した。

夕焼けを見ながらくるまたちが「もうひとがんばり」する姿に、読み聞かせを終えて、寝かしつけたら今日の育児完了!な自分を重ねて読んでしまう。

「これ読んだから、さあ寝よう」の一冊。