読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

calico1978’s diary

子育て日記

トミカ博2016 in 安比に行ってきた(長文)

このことが書きたくてブログを始めようと思い立ったので、書いたらもう満足するかな?

うちの子はトミカが好きだ。

朝から晩までトミカ

去年はまだトミカ自体知らなかった。

毎年安比トミカ博があることは知っていたので、トミカ好きになったら、連れて行きたいと思っていた。

行く前にいろんなブログを読んで予習した。

チケットはコンビニで前売り券を買うこと、

混雑を避けるなら平日に、

朝イチ並ぶなら9時半くらいに、

などなど。

残念ながら土日にしか行けないので、

同時開催の「はたらくクルマ展」を見るため

初日の朝イチに行くことにした。

9時半より少し前に到着したら、出入り口の近くに車を止めることができた。

f:id:calico1978:20160906003519j:plain

中に入り、並ぶ

f:id:calico1978:20160905224149j:plain

廊下は冷房が効いていないので、蒸し暑く地味に辛かった。

ちょうど外に通じるドアから

はたらくくるまらしきものが見えたので

子どもと夫は下見へ。

(以下、トミカの名前が出てきますが、ほとんどうろ覚えです。)

係の人のアナウンスによると、入場記念トミカは予告されていた「ハコブンダー」だけではなく「ダイハツミゼット」とのことだった。

アンパンマンばいきんまんの2種類のコラボトミカは購入券を入場時にもらわないと買えないらしい。ひとり1個!

開場直前に後ろを振り返ったら、すごい列になっていた。

10時5分過ぎに開場。

チケットを見せ、購入権割引券入場記念トミカを受け取り、再入場のスタンプも手に押してもらい、いざ!トミカ博へ。

先人の知恵(←ブログで見たって言え)

に習い、展示ゾーンはスルーして、チケット売り場からの有料アトラクションゾーンへ。

有料アトラクションは以下のとおり。

トミカ組立工場(以下、トミカ略)

・あみだくじ

・ルーレット

・つり

・出動ゲーム

必要なチケット枚数は、組立工場が6枚

他が5枚

プレイチケットは1000円で11枚綴り。

1枚100円でバラ売りもしている。

まずは「トミカ組立工場(」へ。

組み立てられるのは、プリウスアテンザ

プリウスに人気が集中しているので、アテンザからやってみた。

係の人の指示に従い、車体やシートの色を選んで、目の前で組み立ててもらう。走行テストをしてもらって、オリジナルトミカの完成。

アテンザのあとにプリウスも並んで作った。

どちらも同じ色になってしまったが、本人が選んだのだからよしとする。

組み立ててくれるお兄さんに熱いまなざしを向ける子の横顔を見て、えらい感動してしまった。親バカである。

なんだかもうこれで胸いっぱいになってしまったが、気を取り直して、他のアトラクションへ。

初登場の「トミカあみだくじ(5枚)」に誰も並んでいなかったので、行ってみる。

ボタンを押すと4種類のコースを選べる。

ゴールにたどり着くと当たりのトミカがもらえるが、まあ、そんな簡単に当たるわけがないな…

と思ってたら、当たった!

銀色のジューク!!!

ビックリ。当たるんだね…

トミカルーレット(5)」

2匹目のドジョウはいなかった。

参加賞、水色の日野デュトロクレーン付トラックをゲット。

チケット売り場のそばに各アトラクションの当たりと参加賞のトミカが飾ってあったが、

ルーレットのと出動ゲームのが逆になっていた。のに、この時点で気づく。

子どもが並ぶのにあきてきたので、展示ゾーンに戻る。

車のタイヤをつけたり、車体のカラーリングにボールを投げたり、ボタンでアクションギミックを動かしたり、また、トミカコレクションで昔のトミカを見て、たいそう喜んだ。

45周年記念壁画。オールトミカ

f:id:calico1978:20160905232903j:plain

出入口付近に戻ったら、人もまばらで、

別に朝早く並ばなくてもよかったんじゃ?

と一瞬思ったが、それは間違いだったとあとで知る。

トミカタウンの巨大ジオラマにあるトミカを触ろうとして、手を伸ばした子がママに止められていた。普段は手で触って遊んでるのに、今日は見るだけなんて、ダメって言われても触りたくなるよね。

プラレールって動かすと結構音がうるさいんだな、と思った。まだうちの子はプラレールに興味がないが、買うとなったら、家の中がにぎやかになりそうだ。

プレイランドは長蛇の列だったので、近寄りもしなかった。

プレイチケットを使い切ったので、ショッピングゾーンへ行こう、と夫。

(えー有料アトラクションコンプリートしないっすか?!)

と内心思いつつ、従う。

トミカイベントモデルは、今回のだけでなく以前のものも買えた。

ここでもコンプリート…と思ったが、うちの子が「欲しい」というものだけ買った。

その他、はじめて見つけたシールなんかを選んだ。

一定金額以上買うともらえるランチョンマットをもらえて、もういいかな、と外へ。

はたらくクルマ展へ。

ひとり2個限定で、トミカJAF三菱ふそうキャンターレッカー車が買えた。この土日だけだそう。初日に来てよかった。

子ども免許証を作ってもらい、JAFの車に乗せてもらった。

安比のスキー場で活躍する車も並んでいたが、いちばん印象的だったのが、雪を降らせるこの車。近未来っぽい。

f:id:calico1978:20160906000138j:plain

ふと、ちょっと戻って買い物してこようかな、と思い立ち、再入場したら、目に飛び込んできたのは、会計待ちの人たち。

さっきまで、レジガラ空きだったのに…

ちょっとのタイミングでこうも違うのか。

やはり早めに来てよかったのだなあ。

このへんで昼になったので、お昼ご飯を食べて、満足して帰ってきた。

初めてのトミカ博、子どもよりも私の方が興奮していたような…

「楽しかった、また行きたい」と帰りの車で繰り返し言う子どもに目を細めながら

「そうだねえ、また来ようね」と答えると

「いつ?あした?」

家に帰ってからも

トミカはく、いつ、行く?」

「えっ?!来年だよ?」と言おうとした私より先に、

夫「そうだねー、じゃあ来週行くか!」

えっ?!

つづく